仮想通貨はオワコン?オワコンではない理由

NO IMAGE

「仮想通貨はもう全盛期を過ぎた」という意見もたまに見かけます。
そして、「仮想通貨はもうオワコン。これから伸び悩む」というようなことを言っている方がいます。
ですが、仮想通貨はまだオワコンではありません。
今回は仮想通貨がまだまだオワコンではない理由を詳しく解説したいとおもいます。

まず、仮想通貨がオワコンと言われる理由についてです。
仮想通貨は、2017年頃に大きく伸びました
ですが、そこから急落しました。
それを見て、「もうビットコインは終わった。仮想通貨は終わった」と言う人達が出てきたのです。
ですが、2021年に、BTCでとてつもなく大きな伸びを見せました。

そして、今後一旦BTCが下がる可能性もたしかにあります。
そうすると、また「BTCはオワコン説」が浮上してくるとおもいますが、おそらくオワコンではありません。
また大きな伸びを見せてくれるはずです。

では、どうしてオワコンではないと言えるのでしょうか?
それは、仮想通貨がまだまだ未発達だからです。
まだ、仮想通貨は怪しいと考えている人達は多いのです。
そういう人が多いということは、それは、まだまだ発展途上にあるという事。

仮想通貨は画期的なシステムで、今後しばらくの間、世界に大きな影響を与え続ける事でしょう。
おそらく、まだまだ仮想通貨は伸び続けます。BTCはもちろん。他のも。

そして、オワコンと言っている人がいる事に対して、逆にチャンスと感じてほしいです。
そのような人達は、仮想通貨界隈に参入してこないからです。
そのような人達が興味をなくしている間に、皆さんは多くの仮想通貨を買い、次に仮想通貨が爆発した時に備えて、知識と経験と準備とを進めておくのです。
そして、価格が急騰して行けば、おそらくはその人達は投資しなかった事を後悔するでしょう。

ですが、未来はどうなるかは分かりません。
何かの特別な事情があって仮想通貨がオワコンになる可能性も、ゼロではありません。
ですが、少なくとも現時点では、その可能性は低いです。
これからも仮想通貨はおそらく伸び続けます。
なので、皆さんも「オワコンだ」という言葉に惑わされず、仮想通貨投資を続けていくことをおすすめします。

ただ、ビットコインではなく、マイナーなコインは確かにオワコンになる可能性はあります。
それについては、注意したほうが良いでしょう。

今回は、「仮想通貨はオワコンなのかどうか」ということについて、解説しました。
おそらく、まだオワコンにはならないとおもいます。
参考になれば幸いです。